病院の方針・取組み

外来診療では、消化器内科全般(消化管・肝・胆・膵)、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病、脳、神経疾患領域を主体に、循環器を含めた内科全般の診療とリハビリを実施しています。 また、けがなどの一般外科や皮膚科についても通常診療を行っています。さらに土曜日の偶数週において、整形外科専門医による整形外科を開設し、リハビリの指導も行っております。
さらに、疾患の予防や早期発見に努めるべく健診部門や検査部門の充実を図っています。

上記の中でもとくに、消化器領域においては、胃および大腸内視鏡検査で、数多くの早期癌が発見され、開腹手術することなく内視鏡的に切除されています。

また、糖尿病においては、専門的な指導が懇切丁寧になされ、糖尿病による合併症の多くが予防され、予後の改善がなされています。

また、神経科領域においても的確な診断、診療がなされ、ADLの改善や進行の防止に寄与しています。


入院においては、一般病棟(53床・入院基本料13対1)と、療養病棟(45床・入院基本料1)があります。 急性期の治療はもとより、内視鏡的治療や糖尿病のコントロールのための短期入院にも対応しております。 さらには脳神経疾患を中心とした慢性期に陥り、自宅での医療・介護が困難となった患者様を主体に全身管理や疾患のコントロール、リハビリを目的に療養病棟を開設しております。


一方、患者様ご本人やご家族の意向をふまえて、当院関連施設(当院外来医師、訪問看護ステーション、ヘルパーステーション、居宅支援部門)が協力して、 患者様の自宅療養を支援しています。
さらに、当院グループでは、要介護の患者さんを主体に、老人保健施設、通所リハビリテーションを開設し、入居サービスおよび送迎つきのリハビリやレクレーションを実施して家族を含めた利用者の方を支援する体制を整えています。


また、当院および関連施設では、上記のサービスを向上させるためにも、職員の労働環境改善にも苦心し、職員の心身の健康増進を図っています。 そして、多くの施設は木々に囲まれ緑豊かな自然環境の中にあります。